ブログ

カラスによるモジュールのひび割れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡嘉麻市の低圧分譲設備現場でのお話。

当設備は以前、ひび割れが発生してモジュール交換を行った設備でした。

先日行くと、早速カラスがモジュールの上に乗っていたり、

落としたと思われる石がモジュールに乗っていたり、

近くの配電設備と思われる高圧線に50匹はいると思われる不気味なカラスの影。

img_1987blog img_1986blog

汚れもひどい状況でした。

モジュール洗浄を8月に実施して3か月で以下の状態となっていました。

これは、構内にある引き込み柱の電線の上にハトやカラスが止まり

糞を落としている状況で、通常の水道水の洗浄では落ちにくいので、

中性洗剤や、アルカリイオン電解水を使用して洗浄とふき取りを行う必要があります。

img_1981burog img_1965bulog

また、カラス対策として最近弊社で始めたのが、自動発電式のフラッシュ装置です。

こちらも鳥のひび割れ被害に悩む設備に導入を進めて参ります。

カラスによるひび割れ対策はぜひご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る