太陽光発電の発電量低下調査について

発電量低下の調査依頼をいただくケースが増加しております。
発電事業主にとって発電量低下は最大のリスクになるため、
早急な対応と原因特定・対策が必要になります。

テクノケアでは、以下の調査を実施しております。


①設備状況確認

②PCS・接続箱でのI-Vカーブ測定、絶縁抵抗測定

③各ストリングの断線等の特定検査(使用機材:戸上電機製作所 セルラインチェッカ)

④モジュール単体でのI-Vカーブ測定(場合による)


検査に当たって、正確なストリング表が必要不可欠です。
迅速な特定のために、予めご提出いただきますようお願い申し上げます。

様々な調査を行ってきた中で、共通して発見された問題がありますので
下記にてご紹介します。

①パネルの汚れ

…屋根置きのパターンを中心に散見されております。
発電量に影響が出るような汚れは一目で分かります。

https://techno-care.jp/panel_joso

②PCSの停止

…パワコン自体が停止しているというケースです。
この場合は状態確認の上、コールセンターとやり取りしながら
復旧を目指します。再起動等でも回復しない場合は、
メーカー対応や交換になります。

③ストリング停止

遠隔監視の監視単位によっては確認ができますが、基本的に現場でないと分かりません。開放電圧の測定、I-Vカーブ測定の測定で分かります。ケーブル断線、コネクタ不良など考えられます。最初から接続されていなかった例もあります。

④クラスタ断線

…モジュールの不具合で、最近もっとも多く見られるケースです。
要因の特定は難しく、複合的な要因で起こる場合が大半です。
検査をし、モジュールの交換ができる状態まで調査します。

発電量低下の調査費用目安

※ストリング表が必須になります。遠隔監視のデータもあればご提出いただきます。

※場所や設備状況により異なります。(建物の場合費用が追加でかかる場合もあります)

低圧発電所1区画 5か所程度まで 6万円~


発電量低下の調査についてのお問い合わせ

お問い合わせ項目 (必須)

お名前 (必須)

会社名/組織名 (必須)

業種 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

見積依頼する見積依頼しない

 

太陽光発電 メンテナンス企業 テクノケア TOP

ページ上部へ戻る