ブログ

除草シーズン真っ盛り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひさびさの投稿となります。

今年も各地で梅雨が明け、雑草の伸びが一段と激しくなってきました。

当社でも毎年多くの設備で除草作業をさせて頂いておりますが、放置設備の除草はなかなか大変です。

全国に60万件ある低圧設備の中には、地上設置で全く管理をしていない設備が山ほどあります。

当社では、年1回の電気計測・目視点検による発電性能・安全性能の確認と合わせて

年2回以上の除草を推奨しております。

野立て設備では、20年間ついて回る問題ですので、管理コストとして見込んでおいていただきたいと思います。

以下の設備では、2割~3割程度の発電低下がみられました。低圧で2割というと売電単価によりますが、

概ね年間200万円の売電に対して放置状態で年間40万円のロス。ということになります。

費用対効果で見ても実施すべきと考えます。

関連記事

ページ上部へ戻る