改正FITへの対応義務まで残り2ヶ月に迫る。

20kW以上の発電設備では、標識の設置が必ず必要になります

太陽光発電設備の管理運用に対する責任が大きくなり、設置者や販売会社、管理会社は新しい制度の内容を把握し、これに対処していかなくてはなりません。
違反した場合は、指導改善命令、悪質な場合は即座に事業計画認定取消しされてしまう可能性もあります。

このような認定取消しのリスクを回避する為に、法改正による実施事項を理解し対応することが重要です。
実施事項の1つ、20kW以上で義務となる設備標識の設置、立入禁止看板の製作販売を当社では行っております。

ページ上部へ戻る