保守

  1. 太陽光発電メンテナンスにおける駆付け体制の構築について

    最近、特に低圧案件を中心に、定期点検と一緒に現場の発電量の管理や、現地に駆けつけて1次対応をしてもらいたいという相談を多数いただきます。テクノケアでは、管理案件で駆け付けを実施している物件も多数あり、1か月に数件程度ですが、現場に駆け付けるケースがあります。

  2. 20kW以上の太陽光発電設備では、標識設置が義務付けられます。

    4月1日に施行される改正FIT法ですが、事業計画策定ガイドラインはまだ最終公表されていません。どのような事業計画を策定する必要があるのかは、3月中旬まで発表されません。既に設置されている方に関係する事項で決まっているのは、以下です。

  3. 増加する太陽光発電の保守メンテナンス会社

    FITの改正に伴い、保守、メンテナンスを行う大手企業が増えています。ただし、実際に現場に出るのは、私たちのような小さくても、小回りが利き何でもできてコスト競争が可能な会社です。

最近の記事

ページ上部へ戻る