太陽光発電パネル洗浄・除草サービスについて

パネル(モジュール)洗浄について

皆様の発電設備では、定期的にパネル洗浄を実施しておりますでしょうか?恐らく大半の設備で、パネル洗浄は実施されていないと想像します。下記写真のように発電量に影響が出るくらい汚れが明確に分かる場合は、実施されているかもしれません。

JPEA/JEMAが作成した、保守点検ガイドラインの11.3.6項、および解説6.6によると、汚れにより発電を減少させる可能性と、汚れが不均一の場合ホットスポット故障の可能性も示唆しています。

当社では、パネル洗浄の目的は以下の2点と考えており、定期的なパネル洗浄を推奨しております。


①発電量の回復

②ホットスポット等の故障の予防


①発電量の回復については、実際に発電量の低下を引き起こしている案件は多数あります。

当社でも最大70%の発電量の損失を引き起こしている酷い汚れの場合がございます。この場合は、早急にパネル洗浄を実施することと、洗浄実施後の対策の立案が必要になります。

*設置角度が5°未満の案件

*煙突や近隣から汚れを引き起こす物質が飛んでくる案件

*火山灰の降灰エリア、黄砂、スギ花粉による汚れのひどいエリアおよび海岸線に近いエリア(鳥糞による汚れ・塩)

*建設現場や土砂掘削現場の近隣

上記については、定期的なパネル洗浄の実施と計画を立てる必要があるでしょう。

 

②ホットスポット等の故障の予防については、イメージが沸かない為特に意識されている方はおりません。しかしながら現場においては、汚れによりホットスポット現象を生じ、そこからパネルのひび割れを起こしている案件も出ております。(下記参照)

  

上記のように汚れが顕著な場合だけではなく、鳥の糞などパネルに固定化する汚れは、ホットスポット故障に繋がりますので、定期的なモジュール洗浄を推奨いたします。

 


モジュール洗浄の費用例

汚れの度合い、水の持ち込み等の条件によって変わりますが、大よそ以下のような価格イメージです。

低圧野立て:5万円~ (水持ち込み)

高圧野立て:1枚あたり150円~


除草について

野建設備における夏場の最大の課題は除草というところが多いのではないでしょうか。

JPEA/JEMA作成の保守点検ガイドラインの11.3.5項によると、発電量への影響だけではなく、配線への問題、システム損傷、電気機器への影響が考えられるため、管理することが望ましいと書かれています。また、最近多いのは、近隣住民からのクレームです。道路、隣地まで草が伸びている、虫が大量に発生していて耐えられない、景観を損ねるなどの苦情が後を絶ちません。

しっかりと管理するために、雑草に対する対策を実施する必要があります。現状、主に以下のような対策が取られています。

①仮払い機による刈り取り、手作業、ハンマーナイフ等での刈込

②除草剤を使用する

③防草シートの敷設、コンクリート、砂利を敷き詰める

 

④クラピア等の雑草が伸びにくい植物を敷き詰める

 

⑤ヤギ等の動物の放し飼い

一般的に行われるのは、①~③でこれらを複数実施する場合も多くなっています。特に気を付けなければならないのは、②の除草剤の使用です。改正FIT法の事業計画策定ガイドライン中にも記載があるように、農地や水源地域では、極力除草剤の使用を控えること、近隣住民の理解を良く得ることと書かれています。実際に除草剤を使用し、近隣とトラブルになったケースは多々あり、当社では極力①か③の対策を推奨しております。

 

■除草時の注意事項

極力安価に費用を抑えたいと思われるのは当然ですが、ソーラー設備未経験の業者による除草は危険です。特に多い事故は、ケーブル断線、飛び石によるパネル破損です。特に露出配管の場合は、実施前にある程度配管の位置を確認した上で作業をする必要がありますので、経験のある業者に実施をしてもら方が良いでしょう。

 


除草の価格例

仮払い機による刈込 ※草の種類、伸び方、レイアウト、草の廃棄によって大きく変わります。

1000㎡以上の場合: ㎡単価 ~40円 (条件:刈り倒し・フェンス内・モジュール下は人が入れる高さまで)

全国各地で行っておりますので、ぜひご相談ください。


パネル洗浄・除草サービスについてのお問い合わせ

お問い合わせ項目 (必須)

お名前 (必須)

会社名/組織名 (必須)

業種 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

見積依頼する見積依頼しない

ページ上部へ戻る