ブログ

太陽光発電メンテナンス:大型物件パネル洗浄実施中 (倉庫屋上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月初旬より、栃木県にて高圧案件のパネル洗浄を実施しております。

汚れはそこまできつくないですが、I-Vカーブ測定のカーブの歪みは、

下記の写真の通りです。売電開始から約5年。想定の発電損失は5%~10%程度と思われます。

1500KW+700KWですので、合計2,200kW

2200×1100×40円/KW=96,800千円/年間 の売電収益予測。

この5%としても、4,840千円の売電収益ロスが想定されます。

お盆があるので、約1か月で全体を終了の予定でスタートし、もうすぐ終わります。

洗浄は、洗剤等の使用はなく、現地にて水を使用できるため、水の運搬の必要がありません。

洗浄後のI-Vカーブ測定では、カーブは戻ってくると思われます。

 

水勾配の下側に汚れが堆積しています。

また、一面に敷き詰められているので足場板は必須です。

傾斜が少しだけついている為、洗浄後の汚水は比較的流れやすく、

パネル間に隙間がある為、汚水の除去が比較的容易です。

 

I-Vカーブ測定では、このように明確に歪んでいます。

そこまで大きなゆがみではありませんが、2段になっているのが

分かると思います。

 


太陽光発電メンテナンスの点検、計測

太陽光発電メンテナンスのパネル洗浄、除草

太陽光発電メンテナンス、発電量低下の調査について

 

 

 

 

太陽光発電 メンテナンス企業 テクノケア TOP

関連記事

ページ上部へ戻る