パネル洗浄・除草サービスについて

パネル(モジュール)洗浄について

皆様の発電設備では、定期的にパネル洗浄を実施しておりますでしょうか?

恐らく大半の設備で、パネル洗浄は実施されていないと想像します。

JPEA/JEMAが作成した、保守点検ガイドラインの11.3.6項、および解説6.6によると、

汚れにより発電を減少させる可能性と、汚れが不均一の場合ホットスポット故障の可能性も示唆しています。

当社では、パネル洗浄の目的は以下の2点と考えており、定期的なパネル洗浄を推奨しております。

①発電量の回復

②ホットスポット等の故障の予防

①については、実際に発電量の低下を引き起こしている案件は多数あります。

当社でも最大70%の発電量の損失を引き起こしている酷い汚れの場合がございます。

この場合は、早急にパネル洗浄を実施することと、洗浄実施後の対策の立案が必要になります。

*設置角度が5°未満の案件

*煙突や近隣から汚れを引き起こす物質が飛んでくる案件

*火山灰の降灰エリア、黄砂、スギ花粉による汚れのひどいエリアおよび

海岸線に近いエリア(鳥糞による汚れ・塩)

*建設現場や土砂掘削現場の近隣

上記については、定期的なパネル洗浄の実施と計画を立てる必要があるでしょう。

 

②については、イメージが沸かない為特に意識されている方はおりません。

しかしながら現場においては、汚れによりホットスポット現象を生じ、

そこからパネルのひび割れを起こしている案件も出ております。(下記参照)

  

上記のように汚れが顕著な場合だけではなく、鳥の糞などパネルに固定化する汚れは、

ホットスポット故障に繋がりますので、定期的なモジュール洗浄を推奨いたします。

 


料金イメージ記載


パネル洗浄・除草サービスについてのお問い合わせ

お名前 (必須)

会社名/組織名 (必須)

業種 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

見積依頼する見積依頼しない

ページ上部へ戻る